野菜不足解消を青汁で!

野菜不足解消なら青汁で!ここではそのデメリットをご紹介します。
MENU

野菜不足解消を青汁で行うデメリットとは?!

青汁

 

青汁は近年私達にとってとても身近な健康食品の
1つとなり、スーパーやドラックストアでも購入できるくらいのものになりました。

 

青汁には製品にもよりますが、
いろんな種類の野菜を栄養素を1杯で
一度に補い、野菜不足を解消することが期待されています。

 

実際にそれだけの種類の栄養素を
野菜から直接摂取しようとするとかなりの量になり、
コストも高くなってしまうので、そういった意味で
青汁は野菜不足解消のためには最適なアイテムの1つといえます。

 

ただ、そういった青汁での野菜不足解消法にも
良い点ばかりでなく、しっかりとデメリットも存在してしまうわけです。

 

ここではその主なところをご紹介いたします。

 

野菜不足解消に青汁を使うデメリット
アレルギーの問題

野菜不足解消に青汁を使う一番のデメリットは
アレルギー等のリスクの問題だといえます。

 

青汁にいろんな種類の野菜またはフルーツの成分が
用いられているのは、メリットが大きいですが、
その分、特定の成分のアレルギーにひっかかる人も多いということです。

 

そして、たくさん含まれすぎているために
それにすら気付かず使ってしまうケースも少なくありません。

 

青汁を使う前にはアレルギーに心当たりのある方は
必ずよく確認されることをおすすめします。

 

味や嗜好性

次に青汁の味や嗜好性についてです。

 

青汁は市販や通販で本当に
いろんな種類のものが出まわっています。

 

出回りすぎているといっても過言ではないくらい・・・

 

そして、その味についてもそれぞれ微妙に
異なっており、そこに嗜好性の問題が入ってきます。

 

青汁で野菜不足を解消したい場合は
継続して飲み続けることが前提です。

 

つまり味が自分の好みで無い場合は
続けること自体が苦痛となってしまうので
しっかり、自分の嗜好性に合った青汁を探すことが大事です。

 

そして、それを探す手間もデメリットとも捉えらえます。

 

青汁を飲むことで野菜を食べなくなってしまう・・・

最近の青汁はかなり飲みやすく加工されて
いるということもあり、子供から高齢者まで
幅広い年齢層が使われているようです。

 

ただ、青汁に野菜補給を頼りすぎることで
不安の食卓から野菜が消えてしまい、
特に子供だと野菜を食べれなくなってしまうリスクも存在します。

 

あくまで青汁も野菜不足を解消
するための補助食品という位置づけで使うことをおすすめしたいです。

 

>>>野菜不足解消のためにすぐできる方法とは?!

このページの先頭へ